トップ > 相談・資格取得 > 資格取得

資格取得

あなたの仕事をサポートします各種資格取得の講習会を実施

足場の組立て等特別教育

足場の組立て、解体の作業者は『特別教育』が義務となります。

特別教育受講の猶予期間が6月末で終了 以後は事業主に罰則適用!
脚立3点支持足場やローリングタワーの組立ても対象です。

今回は「2015年7月1日時点で作業経験がある経験者向け3時間コース」を下記の要領で開催いたしますので、ぜひお申し込みください。なお、「足場の作業主任者資格者」「とびに係る1・2級の技能検定合格者」は特別教育を受講する必要はありません。また、足場工事の作業指示にあたる皆さんには「作業主任者講習」を受講するよう勧めています。(組合では11月頃開催、建災防では通年で開催)

受講料

福建労組合員 3,800円
その他の皆さんは 4,800円
※ いずれも、テキスト代 800円込

受講資格

① 講習日の当日で実年齢が18歳以上であること

※ 法令により、18才未満の者を「足場の特別教育の組立て等」業務に従事させることはできません。
また、2015年7月1日時点で18才未満であった場合は、下記の②の条件を満たしませんので、この講習でなく「6時間講習」を受講させて従事させる必要があります。

② 2015年7月1日時点で、すでに足場組立て・解体の作業に従事している方

申し込み方法

お申込みは主催支部までお問い合わせを

2017年の講習は終了しました


増改築相談員(介護住宅対応を含む)

増改築の見積り、施工から接客法まで増改築相談員の講習を行い、資格取得ができます(5年ごとの更新あり)。資格者の名簿は登録され、当該市町村や住宅金融公庫に廻されます。

『増改築相談員』は新設された高齢者リフォーム相談員の資格も兼ねています。

日程 会場
(新規) 2018年2月18日(日) 福建労会館
(更新) 2018年2月19日(月)
時間・費用は決まり次第、お知らせします。

作業主任者の講習会

作業主任者講習

建設現場での作業では、労働安全衛生法により、現場には「作業主任者」をおかなければなりません。もし配置しなかった場合、6カ月以下の懲役などの処罰と事業者の重大過失として、労働基準法、労災保険法、民法、刑法上の責任が追及されることもあります。

福建労では、福岡労働局の登録教習機関として、NPO法人(特定非営利活動法人)を立ち上げ、木造・足場の作業主任講習会を実施。修了者には、修了証を交付しています。

受講資格として、各科目の作業について3年以上の実務経験が必要です。
ただし、足場の作業主任者資格講習の場合の実務経験については、18歳未満の経験は算入できません。満18才以降の実務経験が、満3年以上なければなりません。

※その他の作業主任者講習会の申し込み手続きもできます。

作業主任者技能講習会のお知らせ

足場の組立て等
作業主任者技能講習
木造建築物の組立て等
作業主任者技能講習
開催日時 2017年11月12日(日)
〜11月13日(月)
2017年11月19日(日)
〜11月20日(月)
時間・費用は決まり次第、お知らせします。

福岡労働局登録教習機関

足場の組立て等作業主任者技能講習 登録番号 第6号 登録更新期限 平成32年10月4日
木造建築物の組み立て等作業主任者技能講習 登録番号 第6号 登録更新期限 平成32年10月4日


特定非営利活動法人 福岡県建設技能センターでは、この他に組合員からの要望で、足場の特別教育や石綿取扱従事者特別教育を計画して、実施しています。


  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第40回 福建労住宅デー 2017年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ