トップ > 組合のメリット > 現場賠償共済パートナー

現場賠償共済パートナー

元請け・下請け問わず工事現場で他人に思わぬ損害を与えた時のために全建総連 現場賠償共済

ベーシックプラン

支払い限度額

対人・対物共通で1億円(自己負担額10,000円)

グレードアッププランは対人(1人)1億円・(1事故)5億円/対物(1事故)1億円
(自己負担額10,000円)

パートナーのメリット

  • ●建築工事や、増改築工事等に伴って発生するさまざまな賠償事故を補償します。
  • ●万一事故が発生した場合の賠償資力の確保により、経営の安定化がはかれます。
  • ●十分な補償体制により、社会的信用度の向上がはかれます。
  • ●個別に加入する場合に比べて、割安な保険料で加入することができます。
  • ●下請けでも加入できます。

事故の例

  • 建築中の建物の屋根から資材が落下し通行人にケガを負わせた。落下物が人にあたった
  • クレーンが倒れ隣の民家を損壊させた。クレーンが民家を破損
  • 屋根から作業員が落下し、通行人に重傷を負わせた。作業員が落下

オプション

「PL保険」で工事終了後の事故も補償します

施工業者である組合員がおこなった工事・作業の完了(引渡し)後、その仕事のミス(不備・欠陥)によって他人の身体・生命を害したり、他人の財産を損壊したことによって、法律上の賠償責任を負担することで被る損害を補償します。また、対人事故が発生した場合は、賠償責任額が確定する前であっても所定のお見舞金費用をお支払いすることができます。

「建設工事保険」で工事中の天災や他人からの建設物への損害を補償します

※「建設工事保険」を付帯できるのは年度更新時の12月1日のみです。

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第40回 福建労住宅デー 2017年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ