トップ > Webニュース > アスベスト関連ニュース > 九州建設アスベスト訴訟判決

アスベスト関連ニュース

2014年11月7日(金)

九州建設アスベスト訴訟判決

三たび 国を断罪

建設でも再び 国に勝訴11月7日、福岡地方裁判所で、九州建設アスベスト訴訟において、泉南アスベスト訴訟最高裁判決に続いて、建設アスベスト訴訟では東京地裁判決に続き再び、国の責任を認める判決となりました。

今回の国に対しての勝訴判決は、アスベスト訴訟において三度、国の責任を認めるもので、評価できるものであり、国の責任範囲を約6年さかのぼらせた点も評価できる判決です。

ただ判決は、同時に訴えていた企業の責任は一切問わず棄却され・一人親方も補償対象から除外、不当な判決を言い渡しました。

判決骨子
九州建設アスベスト訴訟福岡地裁判決に対する声明

県内7か所で朝宣伝実施 多くの激励受ける

11月7日、福建労各支部は、アスベスト訴訟判決日に朝宣伝をして、判決を迎えようと、福岡市天神パルコ前(西福岡、早良、糸島、京築、田川、の各支部と県本部)、JR博多駅筑紫口(東福岡、南福岡、粕屋、筑紫、嘉飯の各支部)、JR戸畑駅(北九州、直鞍の各支部)、西鉄久留米駅(久留米、筑後、八女の各支部)、浮羽市の耳納の里(浮羽支部)、大川市ルミエール(大川三潴支部)、大牟田ユメタウン(大牟田支部)でそれぞれマイクで訴訟の意義を訴え、住民の訴訟への理解を求めました。

天神パルコ前で宣伝

2014年11月07日 | アスベスト関連ニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第40回 福建労住宅デー 2017年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ