トップ > Webニュース > アスベスト関連ニュース > 建設アスベスト神奈川2陣横浜地裁判決

アスベスト関連ニュース

2017年11月1日(水)

建設アスベスト神奈川2陣横浜地裁判決

国と企業の責任も認める画期的判決

10月24日の横浜地裁の判決で、国に対して6度目の連続勝訴、加えて企業の責任についても限定的ではあるものの、被告企業2社に対して賠償を命じる京都地裁判決に続く画期的判決が言い渡されました。国に対しては総額約2億6000万円、建材メーカーである被告ニチアスに対しては合計約1800万円、被告ノザワに対しては合計約9000万円の支払を命じる判決を言い渡されました。

当日、福建労会館大会議室で判決連帯集会を開催。現地、横浜地裁前には、矢野書記次長、原告の石原律子さん、石橋ウメ子さん、2陣原告予定者の丸山清子さんの4人が参加。現地でのフェイスブックのライブ配信をプロジェクターで映写して集会の模様も共有しながらの集会でした。「国と企業に勝った! !」という第一報を受けて参加者全員で万歳三唱もおこないました。

 

2017年11月01日 | アスベスト関連ニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第41回 福建労住宅デー 2018年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ