トップ > Webニュース > アスベスト関連ニュース > 被害の実態訴え労災認定へ繋げよう

アスベスト関連ニュース

2011年1月17日(月)

被害の実態訴え労災認定へ繋げよう

アスベスト被害者・家族の会「あさがおの会」発足総会

あさがおの会発足「福岡建設じん肺・アスベスト被害者と家族の会」(=通称『あさがおの会』)の発足総会を1月16日に福建労会館で開催しました。当日は、労災認定者、申請中の仲間や遺族・家族、地元選出の国会議員、関係団体、支部書記、本部役員を含め40人が参加しました。

福建労ではこれまでに19人(生存4人)の方が労災認定をうけ、現在6人の方が申請中です。このアスベスト被害の実態を世論に広く訴えていくためには、被害者を掘り起こし、労災認定へと繋げ、一人ぼっちの被害者や家族・遺族をなくし、病の苦しみや家族を亡くした悲しみなど、共感し励ましあえる場としての『会』を組織化していく運動が重要です。
あさがおの会

2011年01月17日 | アスベスト関連ニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第40回 福建労住宅デー 2017年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ