トップ > Webニュース > 福建労Webニュース > 急がれます「公契約条例」

福建労Webニュース

2013年9月1日(日)

急がれます「公契約条例」

福建労が賃金アンケート調査を実施

福建労で取り組んだ2013年6月分の「賃金実態調査」(賃金アンケート)が集約されました。

調査の結果、平均日当は大工で14,251円、各職種で13,427円(表参照)。
全職種の平均額は13,689円でした。

 

平均日額賃金の推移

 

希望する日当は全職平均で17,862円となっています。実際の額と4,000円弱の開きがあります。

2013年度の公共工事設計労務単価は、福岡県で14,651円です。今回の結果と比べ1,486円少なくなっています。

設計労務単価は、建設労働者の賃金相当額であって、賃金以外の必要経費は含まれていません。

設計労務単価が必要経費を含んだ額と誤解され、建設労働者に支払われる賃金が低く抑えられています。

この状況が、民間工事の不当な賃金・単価の引き下げの大きな要因になっています。

建設業界に最低賃金を決め、元請け受注者にその遵守を義務付ける、「公契約条例」の制定が急がれます。

2013年09月01日 | 福建労Webニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第40回 福建労住宅デー 2017年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ