トップ > Webニュース > 福建労Webニュース > 若者を戦場に送るな 憲法守る世論広げよう

福建労Webニュース

2014年7月16日(水)

若者を戦場に送るな 憲法守る世論広げよう

戦争する国許さない 「九条の会福岡県連絡会」の宣伝行動

戦争する国許さない 「九条の会福岡県連絡会」の宣伝行動

安倍首相は、7月1日、集団的自衛権行使容認の閣議決定をおこないました。

集団的自衛権行使とは、日本が他国から直接攻撃されなくても、同盟国(アメリカ)が攻撃されれば、自衛のためとして日本が武力行使をするというものです。日本の自衛隊はこれまで、外国で他国の軍隊を一人も殺していませんし、殺されてもいません。それは平和憲法があるからです。憲法をないがしろにする集団的自衛権行使は絶対に認めるわけにはいきません。

最近の世論調査でも集団的自衛権を使えるようにすることに「反対」と答えた人は5割以上で「賛成」を大きく上回っています。「共同通信」も6月21・22日に世論調査をおこなっていますが、62%の人が一度集団的自衛権を容認すれば、「容認の範囲が広がる」と回答しています。1度容認すればその範囲は時の政府の裁量で広くなるのは明らかです。

いくら閣議決定をしたからと言って、国会で採決された法律の方が拘束力があることには変わらず、また、最高法規である憲法を無視して押し通すということは憲法破壊行為以外のなにものでもありません。これから法整備を進める安倍政権に対して、憲法違反の声を大きくあげることが緊急に求められます。

2014年07月16日 | 福建労Webニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第40回 福建労住宅デー 2017年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ