トップ > Webニュース > 福建労Webニュース > 豪雨被災地の応急木造仮設住宅建設で大奮闘

福建労Webニュース

2017年9月1日(金)

豪雨被災地の応急木造仮設住宅建設で大奮闘

2017年7月5日午後からの九州北部豪雨では、5年前の豪雨災害を上回る犠牲者を出し、多くの住宅が被災しました。

福岡県は、住宅を失った被災者のために「応急仮設住宅」の建設に乗りだし、朝倉市と東峰村で合計100戸の建設を計画し、すでに57戸が引き渡されました。(8月22日現在)この仮設住宅は、すべて木造住宅で、組合員の仲間も携わりました。

2017年09月01日 | 福建労Webニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第41回 福建労住宅デー 2018年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ