トップ > Webニュース > 福建労Webニュース > 県各界連 福岡宣伝行動

福建労Webニュース

2018年4月3日(火)

県各界連 福岡宣伝行動

消費税10%増税許さない声を

4月3日、博多駅博多口前の西日本シティ銀行前で福岡県消費税廃止各界連絡会(以下「県各界連」)は、大増税ストップ大宣伝行動をおこないました。各界連は、「消費税導入反対」の一点で大同団結した労働組合や女性・業者・市民団体、政党で1987年1月24日に結成されました。

毎年消費税が導入された4月に全国の各界連が宣伝行動をおこなっています。

消費税は、今年で30年目です。切り捨てられる社会保障制度と合わせて、消費税増税が、私たちのくらしを圧迫しています。「安倍政権は、『国の借金が大変だ』といって、社会保障費を削り、消費税は増税する一方で、国民の財産である国有地を不透明なかたちで斡旋するなど森友疑惑を引き起こした安倍内閣・財務省に、消費税増税を実施する資格はありません。10%への税率引き上げは許されないと声をあげていきましょう」と訴えを街頭でおこないました。街頭での消費税10%増税に賛成、反対のアンケートでは、圧倒的に反対が、多くの人が消費税増税に反対していることがわかりました。

2018年04月03日 | 福建労Webニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第41回 福建労住宅デー 2018年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ