トップ > 社会保険未加入問題

社会保険未加入問題

事業者のみなさんへ福建労にご相談下さい!

建築業の未来のために
若い人材の確保と育成が
不可欠です!

社会保険とは?

社会保険に加入することは、従業員とその家族、そして会社を守るということです。また、建設産業の未来のために若い人材の確保と育成が不可欠です。

福建労は、建設で働くみなさんに寄り添い、建設業の将来を共に考えるパートナーでありたいと考えています。

健康保険厚生年金労災保険雇用保険のことを指します。

労災保険雇用保険については、福建労で加入できます。健康保険・厚生年金は日本年金機構の管轄になります。中建国保「厚生年金」をセットで加入!社会保険と同等の国から認められています。※ただし、要件あり。
まずは、お電話もしくはメールにて問合せて下さい。

いつまでに
加入?
加入の範囲
どこまで?
許可業者の
みなさんへ
社会保険加入は
大事なこと

① いつまでに加入?

自治体・ゼネコン各社でも社会保険加入していない事業所への指導が強まっています。

2017年3月末までに完全適用しなければなりません。
未加入の事業所は早急な対応が必要です。

② 加入の範囲どこまで?

職人を一人でも使用(雇用)する場合、必ず・・・
労災保険雇用保険への加入が必要となります。

一人親方さんには・・・
一人親方労災の加入が求められます

協会けんぽ・厚生年金の場合 労働者数
5人〜 1〜4人 0人
法人(株式・有限会社)事務所 強制 強制 強制
個人事務所 強制 任意
雇用保険の場合 労働者数
5人〜 1〜4人 0人
法人(株式・有限会社)事務所 強制 強制
個人事務所 強制 強制

③ 許可業者のみなさんへ

すべての法人事務所と5人以上の個人事務所許可業者100%社会保険加入指導へ!

許可業者100%社会保険加入指導へ

保険未加入の場合どういう問題が発生しますか?
◎現場に入れない、◎元請企業から加入書類の提出を求められる、◎年金事務所や社会保険労務士から問い合わせがある、◎建設業許可取得、更新の際に土木事務所から指導が入ったなどのケースが発生しています。

従業員には・・・
労災保険雇用保険健康保険厚生年金への加入

※「健康保険を『協会けんぽ』の代わりとして「中建国保」を利用する健康保険適用除外制度は社会保険と同等」と国から認められています。

外注さんには・・・
一人親方労災への加入が求められます

④ 社会保険加入は大事なこと

技能労働者の処遇改善が社会的な課題に

技能労働者がピーク時から3割も減少しています。将来にわたって建設産業を持続させるためには、技術労働者の賃金や社会保険などの処遇を抜本的に改善することが欠かせないとして、国と業界をあげた取り組みが始まっています。

適正な単価と法定福利費の獲得を

福建労では、社会保険加入促進と同時に法定福利費の請求を上位企業への請求や施主に向けての理解を求め取り組んでいます。
また、賃金・単価引上げも重要な課題として、全力で取り組みます。

中建国保と厚生年金をセットに加入することは国から認められています

適法に中建国保と厚生年金をセットに加入している事業所は、健康保険(協会けんぽ)に入り直す必要はありません。国土交通省も適法であることを通知しています。


  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • 社会保険未加入問題
  • 第40回 福建労住宅デー 2017年5月〜順次開催
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ