トップ > Webニュース > 福建労Webニュース > 早く安心できる住まいを

福建労Webニュース

2024年6月3日(月)

早く安心できる住まいを

能登半島地震支援・応急木造仮設住宅建設の大工技能者

福建労の就労者の皆さん

元日に発生した能登半島地震は、震度7の大地震となりました。
地震によって石川県を中心に全壊家屋が8571棟、半壊が20402棟、一部破損94558棟、死者245人、行方不明3人、重・軽傷者1313人、石川県の避難者は3598人と未曽有の被害となっています(内閣府防災情報5月21日より)。
石川県連の仲間の被害は、死者1人、家族3人死亡です。謹んでお悔やみ申し上げます。

全建総連は、能登半島地震における災害支援として「石川県での応急仮設木造住宅建設」について、大規模な就労者確保の要請を全国の県連組合に行い、710人が就労し、551棟の木造仮設住宅建設(5月23日現在)をしています。福建労からも4月終わりから17人が就労しています。
福建労に託された能登地震支援金は5月23日現在、268万743円です。

2024年06月03日 | 福建労Webニュース |

 

Webニュース

月別アーカイブ

  • 福建労 支部一覧はこちらから
  • コロナウィルス感染症の影響を受けている組合員・建設業のみなさんへ
  • 建設キャリアアップシステム・働き方改革
  • 社会保険未加入問題
  • 組合員のお得情報 ふっけんろうファミリーカード
  • 九州建設アスベスト訴訟を支える会
  • あさがおの会
  • 建設業のお得情報満載!全建総連建設情報WEB
  • 検索簡単!登録簡単!顔の見える職人検索
ページトップへ